日本で最も閲覧数が多いサイト

日本で一番よく見られているサイトはいったいどこでしょうか?トップ3をご紹介します。

ヤフージャパン

ヤフーは日本最大級のポータルサイトで、検索エンジンとしてだけではなく、オークション、ニュース、天気、スポーツ、メール、ショッピングなど多数なサービスを展開しています。

social media

グーグル

検索サイト最大手であるGoogleのその名前の由来は、10の100乗を表す「googol(ゴーゴル)」にあり、インターネットにある膨大な情報を組織化したいという想いが込められています。「ページランク」という独自の技術を使った検索システムが弾き出す検索結果の的確さから、多くのユーザーに利用されるようになりました。検索エンジンとしてだけでなく、GoogleマップやGoogleフライト、Gmailなど便利なサービスも展開しています。

アマゾン

アメリカのワシントン州シアトルに本拠地を構えるWeb通販サービスで、最近ではAIのアレクサやアマゾンプライムでの音楽・ビデオ配信や一部地域での実店舗での販売など、多方面に渡ってサービスを提供しています。